目の疲れを徹底解消~効果的なアイケア術~

老夫婦

野菜不足を補う

ドリンク

若々しさまで作り出す

野菜不足が問題視され、理想的な野菜の摂取に青汁が注目されています。1日の野菜摂取量の目安が350gであるものの、苦手意識や野菜の高騰などから野菜がとりにくくなっています。青汁は、雑味の少ない生搾り製法による選び方がポイントで、スッキリした味わいで飲みやすく、栄養分が濃縮している分、吸収率の高さが挙げられています。青汁には大麦若葉などの濃い緑色の植物エキスが配合されており、天然の色素成分のクロロフィルには抗酸化や抗炎症作用などがあり、健康だけではなく、若々しい身体づくりに役立てることが可能です。また、大麦若葉の栄養に加え、乳酸菌や酵素を取り入れることで、スッキリに導き、老廃物が排出されることでダイエットなどもサポートできます。

製法にこだわる

肌を老化させる原因の1つがコラーゲンやエラスチンなどの肌のたんぱく質の糖化で、糖化と結合することによって肌色の変色やゴワつき、くすみやシワなどを招きやすくなり、不健康そうな見た目を作り出すため、青汁を飲むことが糖化を防ぐ方法の1つです。青汁には大麦若葉が配合されており、AGEsの生成を抑制できる作用があり、注目度を高めています。無農薬で作られることにより、カルシウムや亜鉛などのミネラルや、葉酸などのビタミンの含有量も多く、高い抗酸化作用を持つ大麦若葉は活性酸素に対抗するSOD酵素までを摂取できる魅力が挙げられています。また、生のままエキスを搾って粉末化されていることによって、粉砕末と比較した場合、栄養の吸収率も高く、効率良く摂取するには製法にもこだわることも重要です。

Copyright© 2016 目の疲れを徹底解消~効果的なアイケア術~ All Rights Reserved.